朝日新聞 1999年02月20日 朝刊
バイアグラ、網膜に副作用の恐れ 米で多数の例報告、名大教授指摘

 インポテンス(性的不能)の治療薬として、早ければ今月中にも国内で製造・発売される「バイアグラ」が、目の網膜に影響し、「まぶしい」「物が青く見える」などの副作用を引き起こす可能性があることが分かった。米国では、すでに多数の例が報告されている。長く飲み続けると、目の網膜に障害が起きる危険もあるとされ、名古屋大医学部の三宅養三教授(眼科・網膜疾患)らが注意を呼びかけている。
 三宅教授は昨年夏、英国で開かれた研究会に出席、その際に米国の事例が報告された。服用した二・五%に症状が見られたが、いずれも一過性で、二、三時間で元に戻るという。
 三宅教授は「今後何十年も飲み続けたり、むちゃな飲み方をしたりする人の目に、何らかの障害が起きる可能性は否定できない」と話している。

バイアグラの通販はこちらからどうぞ!
↓   ↓   ↓

バイアグラ100mg

バイアグラと同一成分のジェネリック「カマグラゴールド」のご購入はこちらから